親業(おやぎょう)について

親業とは?

アメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が考案した、カウンセリングの手法を用いたコミュニケーションスキル(メソッド)です。子ども(相手)の成長を助け、自分も成長できるコミュニケーションスキルを基本とした人間関係プログラムとなっています。親業訓練の目指すこと、それは、子ども(相手)が社会生活の中で、他人の立場を理解し、受け入れることのできる柔軟な心を持ち、自分のことを自分で処していく自律的な人間になれるよう、親としての役割を効果的に果たすことを目的としています。

 

親業訓練で学ぶこと(3つの柱)

親業訓練で学ぶ3つの柱があります。 

① 聞くこと          

② 話すこと            

③ 対立を解くこと

    

これらの具体的な手法を毎日の日常的な生活の場面で実践していくことによって、次のように親子関係を変えていくことができます。

        

* 子どもが心を開いて、自分の気持ちを素直に出すようになる。

* 親もまた自由なありのままの気持ちで子どもに接するようになるので、子育てに無理がなくなり楽に感じる。

* 日常生活の中で自然な思いやりと愛情に満ちた親子の対話、対応ができるようになる。

 

こうした心の通い合う温かい親子関係は、家庭内暴力、不登校、子どもの自殺といった極端な問題を防ぐことにもつながります。また、これらのスキルはありとあらゆる人間関係において有効ですので、親子関係だけでなく、夫婦、職場、友人関係などへ応用できます。

  
訓練方法(講座での学び方) 
親業訓練の概念や内容を頭で理解するだけでなく、実際に声に出して練習するなど、体験学習(ロールプレイ)を重視しています。受講生同士で親と子ども役になり、お互いの気持ちを実感したり、グループディスカッションでより理解を深め、講座で学んだ方法を日常的に使えるようにしていきます。
実はこの「日常的に使えるように」ということがとても大切で、本を読んだだけでは体感できないことを、講座で体験・実感することが、効果をあげるためのポイントとなっています。
  

これからの教育方針【文部科学省 コミュニケーション教育推進会議】

国際化の進展に伴い、多様な価値観を持つ人々と協力、協働しながら社会に貢献することができる創造性豊かな人材を育成することが重要です。また、近年、子どもたちが自分の感情や思いをうまく表現することができず、容易にキレるなどの課題が指摘されています。

このような状況をふまえ、子どもたちのコミュニケーション能力の育成(以下、コミュニケーション教育)を図るための具体的な方策や普及のあり方について 調査・検討を行うため、「コミュニケーション教育推進会議」(以下「推進会議」という)を設置します。

以上の会議からも、現代の教育において、いかにコミュニケーション能力を育成することが重要であるかが、うかがえます。
① 聞くこと
② 話すこと
③ 対立を解くこと 
     
ができるようになることは、子どもが自分のことを自分で処していく自律的な人間に、そして、社会生活の中で他人の立場を理解し、受け入れることのできる柔軟な心をもった人間に育てていくことにつながるのです。